音楽一般

April 02, 2010

Char TRADROCK "Jeff"

Char TRADROCK

先日投稿した"Eric"に続く第二弾"Jeff"。
全曲Jeff Beckのカバーアルバムです。

前作"Eric"に比べて原曲を知らない曲が多いので、コメントしづらいんですけど
Charらしいスピーディーで生々しいプレイは存分に楽しめます。

実は最近のJeff Beck本人のプレイはあんまり好きじゃないんです。
個性という面では、強烈なものがあるのですが・・・
なんかブリブリ・グニョグニョ、わたし的にはやかましい感じがして耳障りがよくないんです。

その点、このカバー・アルバムは非常に耳障りがいいです。。。

それと今回は参加ミュージシャンが豪華。

Drums : Jim Copley
Bass : 鳴瀬喜博(ナルチョ)
Keyboards : 佐藤準
Vocal : 金子マリ

前作"Eric"の枯れた感じと比べて、きらびやかなサウンドです。。。

その中でも私のBest Favorite Drummer : Jim Copleyのプレイは相変わらずしびれます。。。

もしよかったら是非聞いてみて下さい。

http://www.zicca.net/


psyche828 at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 17, 2010

Char TRADROCK "Eric"

Char TRADROCK Eric

Charが新たに立ち上げたレーベル「ZICCA」からリリースされた
アルバム「TRADROCK "Eric"」

当然、速攻で買いました。

このアルバムはエリック・クラプトンの曲をChar流にカバーしたもの。

俺が今一番大好きな、スピーディー、かつギターの息づかいが聞こえてくるような生々しいブルースロックが展開されている。

俺的には本家越えしているとさえ感じます。
最高です。。。

Charといえば「闘牛士」と思っている人・・・
認識不足です。

あの曲は歌謡曲として仕立てられた、Charとしては不遇の作品です。

日本の音楽シーンが歌謡曲一色だった、ロックとしては不遇の時代にデビューしたChar。
彼がもし米英で生を受けていたならば、世界レベルのビッグネームなギタリストになっていたことは間違いありません。

この後、TRADROCKシリーズとして

「The B」(ザ・ビートルズ)
「Jeff」(ジェフ・ベック)
「The V」(ザ・ベンチャーズ)
「Jimmy」(レッド・ツェッペリン)
「Jimi」(ジミ・ヘンドリックス)

が続々リリースされるらしい。


非常に楽しみです。。。


http://www.zicca.net/


psyche828 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 25, 2009

THE BEATLES COMPLETE SCORES

BEATLES COMPLETE SCORES

英語版ですが、全曲網羅です。
(楽譜だから英語版で問題なっしんぐ。。。)

でも・・・
実は私、楽譜読めませんが、それが何か・・・?

コード拾うためだけね。。。



psyche828 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 19, 2009

無性に

無性に・・・
Beatlesが聞きたくて・・・

Beatles

意外と思う人がいるかも知れませんが
私、ほとんど「The Beatles」をちゃんと聞いたことがありません。

なぜ今になって・・・??
自分でも分かりません・・・

とりあえず、「Beatles BOX」をAMAZONでポチッとな。。。

psyche828 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 03, 2009

トランジスタ・ラジオ

♪♪♪
Woo 授業をさぼって Yeah 陽のあたる場所にいたんだよ
寝ころんでたのさ 屋上で タバコのけむり
とてもあおくて

内ポケットにいつも Oh トランジスタ・ラジオ
彼女 教科書ひろげてる時 ホットなナンバー
空に溶けてった

ベイエリアから リバプールから
このアンテナがキャッチしたナンバー
彼女 教科書ひろげてる時
ホットなメッセージ 空に溶けてった

授業中アクビしてたら
口がでっかくなっちまった
いねむりばかりしてたら もう 目が小さく
なっちまった No no

Ah こんな気持ち Ah
うまく言えたことがない NAI AI AI

Ah 君の知らない メロディー きいたことのないヒット曲
♪♪♪

 「トランジスタ・ラジオ」
 作詞 忌野清志郎
 作曲 忌野清志郎
 唄  RCサクセション より引用



あなたを見たのは、BAHOのライブでサプライズゲストとして出てきた時でした。
石やんとCHARのかけあいに混じってボケまくっている、ひょうきんなイメージを強く覚えています。

闘病のことは報道で知っていましたが・・・
早すぎます。残念でなりません・・・


天国でもロックし続けてください。。。
ご冥福をお祈りします。


psyche828 at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 22, 2006

「原点回帰」 VAN HALEN / VAN HALEN

Van Halen / Van Halen

先日AMAZONで懐かしいCDをまとめ買いした。
全部、LPレコードもしくはカセットテープで既に持っているものばかりだが、iPodで聞く為に買いなおした形。

一枚づつ思い入れを書いてみる。

まずはVAN HALENのデビューアルバム(1978年)
(日本での発売名は「炎の導火線」!!それにしてもこの時代の洋楽の和名のつけ方はひどいね・・・)

2曲目の「Eruption」は俺をロックギターの世界に引きずり込んだ曲。(和名「暗闇の爆撃」(~_~;))
最初に聞いた時の衝撃は忘れられない。
「ギターってこんなことが出来るんだぁ」って思った。

当時中学生だった俺はフォークギターしか持っていなかったので、あの硬い弦で一生懸命コピーしてた。
(そのお陰で、弦切り魔の根性ギターが育まれたのかも・・・)

Edward Van Halenは、せっせとコピーしたけど、満足のいく様なコピーは出来なかったなぁ。
Edward Van Halenのギターは天性のタイム感で成り立っていて、凡人に真似の出来る代物ではない。
そのへんはCHARと共通する部分でもある。
俺はどうも、フレージング云々より天才的なタイム感に弱いらしい。。。

それにしても、Edward Van HalenはEric Claptonをコピーして育ったらしいが、どうやったらこうなっちゃうんだろう?
(全然違うやん・・・)

01. Runnin' With The Devil
02. Eruption
03. You Really Got Me
04. Ain't Talkin' 'Bout Love
05. I'm The One
06. Jamie's Cryin'
07. Atomic Punk
08. Feel Your Love Tonight
09. Little Dreamer
10. Ice Cream Man
11. On Fire

ちなみに過去のエントリ「最初の一歩」で紹介した「Van Halen II」も一緒に買いなおしました。

psyche828 at 20:36|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

October 06, 2005

yokohama bayside blues

毎度「寝酒シリーズ」でお馴染みの、
横浜中華街のバー"ACTOR and ACTRESS"のブログが立ち上がった。

みなさん、可愛がってあげてくださいネ。。。

yokohama bayside blues

psyche828 at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

September 12, 2005

Four Dimensions / Mr.Children

Four Dimensions / Mr.Childrenたまには、プレイヤー視点ではないものを。

このMAXIシングルに入っている「未来」という曲。
カップヌードルのCMでお馴染みなので、聞けばみんな知ってると思う。

生まれたての僕らの前にはただ
果てしない未来があって
それを信じてれば
何も恐れずにいられた
そして今僕の目の前に横たわる
先の知れた未来を
信じたくなくて
少しだけあがいてみる

いつかこの僕の目の前に横たわる
先の知れた未来を
変えてみせると
この胸に刻み付けるよ
自分を信じたなら
ほら未来が動き出す
ヒッチハイクをしてる
僕を迎えに行こう



この年代では誰しも、こういう気持ちを抱いて自分を見出していくのか?
皆は何を拠り所にこの壁を越えていくのだろう?
「心に沁みる」を通り越して、「きついフレーズ」

俺にとって唯一の救いは、このフレーズを吐き出した作者がいて、このフレーズに感じ入る数多くの人がいる事。
自分だけが苦しいという意識は捨てて、この果てしない壁を乗り切り、更に強く、優しくなっている数年後の自分をイメージして・・・

psyche828 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 28, 2005

Through the Fire / HSAS

Through the Fire / HSAS突然、この懐かしいアルバムを聞きたくなって、AMAZONで購入してしまった。

JOURNEYのニール・ショーン(g)、VAN HALEN加入前のサミー・ヘイガー(vo) 、あと名前を覚えていないベーシストとドラマーで結成された"HSAS"というユニット。
(確か・・・ベーシストはリーゼント調の妙な髪形だった・・・)
アルバムは、この1枚しか出さなかったと思う。

このアルバムで印象に残っているのが、ニール・ショーンのとてつもなく分厚い音。元々ニール・ショーンは"Lights"や"Wheel In The Sky"などの曲にあるように、歪み系のアルペジオで、広がりのあるサウンドをよく出していた。
このアルバムでは、更にギターシンセを被せて、それはもうギター一本とは思えない音の分厚さ。(重ね録りではない・・・と思われる)
"Whiter Shade of Pale(青い影)"のカバーも入っており、先ほど述べた分厚いギターサウンドで、原曲のハモンドオルガンに勝るとも劣らない雰囲気を醸し出している。

JOURNEY+VAN HALENっていうと、ピンと来ないかもしれないが、サミー・ヘイガーの声とニール・ショーンの音って、結構ぴったりハマってると思う。

さりげなく「名盤」です。

でも、かなりマイナーなので、CD化されていたことが意外。
またいつ廃盤になるかもしれないので、とりあえずゲットした。
ライブ映像のDVDも出ないかなぁ・・・・・って、さすがに無理か

【3/30訂正】
今日AMAZONからCDが届いた。聞いてみると上記の記述にだいぶ誤りがあった。「重ね録りではない・・・と思われる」と書いたのだが、「重ね録りバリバリ」だった。ギターシンセもアルバムを聞く限り、あんまり目立ってない。
昔、ビデオクリップで流れていたライブのイメージで書いてしまったかも。。。
(なんせ20年位前なので、記憶が曖昧っす。ちゃんとCD届いてからインスピレーション書けっ!!って話ですね・・・申し訳ないっす)


psyche828 at 20:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

January 05, 2005

出張ですからぁぁ!!残念!!

来週より当面の間、平日の半分を大阪で過ごすことが確定。
友人と週の半ばにマイクスターンのブルーノート公演へ行こうということになっていたのだが、無理っぽい。。。残念じゃ。。。

週末に一人で行こかにゃあ・・・?

psyche828 at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)