K's Garageの様にYAMAHA SG-2000(改)

May 22, 2005

今日の物欲 - MUSTANG 弾いてみた

物欲シリーズ第三弾
物欲が高じて、先日、御茶ノ水のVintage専門店でFender USA MUSTANGを弾いてきた。

現在のFender JAPANのものに比べて、昔のUSAモノは「音が太い。よく鳴る」という評価を聞いていたのだが、実際にその通りだった。
低音もドーンと出て、ボディー全体が鳴っている響きの「ふくよかさ」がある。
それでいて、音の立ち上がりはSTRATOCASTERよりHIGHが強い「煌びやかな」音がする。(STRATOCASTERは音の立ち上がりがもう少し骨太な感じ)
人によってMUSTANGは「線が細い」という表現をするが、「煌びやかな」という表現のほうがしっくり来る。
特にクランチサウンドでは、ピッキングの際に「ジャリッ」って感じで歪む。

アームは噂どおり、ちょっとアーミングしただけで、チューニングボロボロ。(^_^;)
(でも、これは承知の上。愛嬌愛嬌!!)

この時弾いたのが、「65年の第1世代モノ」と「78年の第3世代モノ」の2本。
(第○世代の解説は以前の記事「今日の物欲 - MUSTANG その後」を参照)

店員はどちらかというと、78年がお勧めのよう。
価格は忘れたが、65年が25万くらい。78年が17万くらい。

ボディー材は65年=ポプラ、78年=アッシュ。
ポプラは店員曰く、少し音が軽いという。

んで、実際に弾いた感想。
「どっちもいい音」
65年も78年もよく鳴るし、太いし、アタックの「ジャリッ」って感じも健在。
この年代のものは「木がいいんだな」って納得させられる。

ここからは完全に俺の好み。
俺は65年が好き。
78年もいいんだけど、「若い!」「枯れてない」感じ。

78年モノも時間が経つと、同じように枯れてくるのかなぁ??
それとも、この年代のキャラクターなのかなぁ??

こんな感じで、楽しい悩みは続く・・・(でも当分買わないよん!!)

psyche828 at 17:35│Comments(1)TrackBack(0) ギターの事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TENNICHI   May 23, 2005 18:22
65年で25万円。いい値段っすね。これくらい出せれば
FENDERのマスターグレードの新品買えますもんね
(チャーも使用)。相当ムスタングにほれ込まないと
ちょっとっていう内容ですね。でも試奏って本当に
してみない事には分からない部分相当ありますよね。
数多く弾いてみて分かってくることもありますし。

またシェクターで暴れてください。ジミヘンでも
ツエッペリンでも何でも今度音を合わせる機会には
一緒にやりましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
K's Garageの様にYAMAHA SG-2000(改)