今日の物欲 - MUSTANGカウンター論

May 09, 2005

今日の物欲 - MUSTANG その後

Fender MUSTANGに興味を持ったので、昔買ったGuitar Magazineをペラペラ読み返していたら、1996年6月号にMUSTANG特集の記事を見つけた。

Fender USAのMUSTANGは1964年に登場し1982年に製造中止になっている。
今店頭に並んでいる新品はFender JAPAN製の復刻版。
USAとJAPANは別物と考えた方がよさそう、全然音が違うらしい。

色々調べた結果、USA版は製造年によって3世代に分けられる事がわかった。

第1世代:1964〜69年
CHARが使用しているのはこの年代が多い。
Vintageとして10万台後半から25万位で売られている。

第2世代:1969〜74年
コンペティション・カラー(レーシングカーをイメージさせる斜めのストライプが入っているもの)。NIRVANAの故KURT COBAIN使用で有名なモデル(彼はLefty)

第3世代:1974〜82年
同年代のStratocasterと同様のカラーバリエーション中心になった。
オークションサイト等では10万前後のものもある。

更に細かな比較はSTUDENT'S TOY BOXというサイトで紹介がされている。
写真が見たい人は、楽器屋Ken Guitarsのサイトに幾つか載っている。

全体的に言えるのは一応Vintageと呼ばれる割には相場が安い。
Les Paulなんか、状態のいいものは高級外車が買える勢いだからね。。。

ってな感じで・・・

結構詳しくなってきてしまった。(ヨッチャンみたい)。
ほんでもってUSA製が欲しくなってきた・・・

物欲パワーアップ!! (~_~;)

psyche828 at 23:15│Comments(0)TrackBack(0) ギターの事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今日の物欲 - MUSTANGカウンター論