September 2015

September 23, 2015

音作り

先日引退した「BOSS Super OverDrive」の後継は「OKKO DiABLO+」
OKKO DiABLO+はまさかのドイツ製です。
これを機にエフェクトボードも組み直しました。
この歳になってシステムを組み直すとは思ってませんでした。
新しいギターも含めて、サウンドを作り直しなので、近所のスタジオに一人で入って、音作り。
ギターも含めてかなりパワフルになったので、バンドレベルの大音量だと音が暴れてだいぶ苦労しました。
なんとか新しい「後藤サウンド」の出来上がり。
高校〜大学時代は80年代のサウンド、社会人になってからはCHARに心酔したので70年代サウンドに変化したのですが、今回は少し80年代サウンドに戻った感じです。
どちらにしても、自分らしいサウンドにはなりました。
あとは実際にベース&ドラムと合わせてどうなるか?
その時にまた微調整が必要です。
以下の動画は、一旦出来上がったサウンドのチェックです。
曲ではありません。
適当に色んな音色を試して確認作業です。

DSC_0295

DSC_0294

DSC_0299



psyche828 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ギターの事