June 2005

June 19, 2005

完治・・・??

先週、2ヶ月ぶりの検査で病院へ行った。
レントゲンも心電図も正常で、
「一応、完治ということで・・・長い間ご苦労様でした」とのこと。

完治はいいことなのだが、退院後、体力が落ちているのか、
ちょっと仕事が忙しくなったり、少し多めに飲んだりすると、
しばらく「ダルい」「スッキリしない」状態が続く。
熱が出るとか、どっか痛いという訳ではなく、とにかくスッキリしないのだ。

医者にもその旨伝えたのだが、
「疲れや不調を、正しく感じるようになったんじゃないですか・・??」
とイヤミを言われてしまった。
一時のように徹夜しまくったり、しょっちゅう朝まで飲んだり、
タフだと思っていたのは、不調を感じていなかっただけなのか??

それにしても、数ヶ月前からのギャップに戸惑ってしまう。

psyche828 at 22:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)日記 

June 04, 2005

Char Played With and Without / CHAR

Char Played With and Without / CHARこのCDは2枚組で、一枚目がライブ。二枚目がスタジオ(過去の曲のREMIX)。
特に一枚目のライブのCHARのギターの音が素晴らしい。
最近一番お気に入りのギターサウンド。
以前の記事「自宅用ギターアンプ比較(超独断)」でイメージしてたのは、はっきり言ってこの音。

俺の予想では1〜3曲目がFender MUSTANGで、
4曲目以降は音が若いのでG.R.U.のStratocasterではないかと思う。
最後の2曲は歪ませ方が大きいので全く自信なし
(全然間違ってたらゴメン)

俺のMUSTANGへの思いは下記を参照。
今日の物欲 - MUSTANG
今日の物欲 - MUSTANG その後
今日の物欲 - MUSTANG 弾いてみた

このアルバムの1〜3曲目あたりは、いわゆるクランチサウンド。
ピッキングの時「ジャリッ」って歪んで、その後のサスティーンでたっぷり低音が出ている。

ギターそのものの音だけではなく、当然CHARのプレイも円熟の極み。
このブログのタイトルにもある、まさに「息づかいの聞こえるようなGuitar」

通勤電車の中でiPodで聞きながら、一人シビレテル。

psyche828 at 12:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)CHARの事